コーチングボブ・ナイト

34-bob-knight-isms

今週の更新は、名将ボブ・ナイトのコーチング哲学の一端が分かる言葉の数々を集めた記事の翻訳です。バスケットボールというゲームの本質、これをいかに考え抜いているのかということが見て取れます。

The single most impo ...

コーチングアラン・ステイン, ストロンガーチーム, チャンピオン, デマーサ, 習慣

チャンピオンチームが持つ11個の習慣

6ヶ月のオフシーズンのワークアウト、8週間のプレシーズンワークアウト、16週間の実践練習と4週間のスクリメージ…。そしていよいよ明日の晩、私たちのシーズン初戦が始まる。私は年間を通してチームに携わり、多くの練習に同行し、試 ...

コーチングAAU, NCAA, 戦術的ピリオダイゼーション理論

coachp-01-2
バスケットボールと戦術的ピリオタイゼーション理論ビッグテーマ=タイトルのとおり、米国の環境から日本の進む道を考えるサブテーマ1=組織としてその環境を考え、整える
サブテーマ2=各コーチがそれぞれその環境を考え、整える

コーチングNCAA, コーチK, デューク大学, マイク・シャシェフスキー

先日(2015年1月25日)NCAA男子ディビジョンIで初めて通算1,000勝を達成したコーチKことマイク・シャシェフスキー(Mike Krzyzewski)ですが、周知の通り、そこに至るまでには長い道のりがありました。まだスリーポイ ...

コーチングAAU, NCAA, 戦術的ピリオダイゼーション理論

こんにちは。コーチP(ピンクのおじさん)です。ゴールドスタンダード・ラボ(以下GSL)で寄稿を募集していたので、今回その話に自ら乗ってみました。ちなみに以前GSL関係者からインタビューの依頼を受けて、それをキャンセルされたことがあるの ...

コーチングスタン・ヴァン・ガンディ, ゾーンディフェンス

今日はいつもと少し趣向が異なります。NBAチームのコーチを歴任した偉大なコーチの1人、スタン・ヴァン・ガンディ氏が、アメリカにおけるバスケットボールの育成年代の問題点について語った話が話題になっています。今回はヴァン・ガンディ氏が指摘 ...

コーチング

little-things-make-a-big-difference

いよいよ明日に迫った高校バスケ最大の祭典、ウィンターカップ。栄冠を手にするチームはどこか非常に楽しみですね。今日はStronger Teamから、そんな頂点を目指す選手たちに届けたいメッセージを紹介します。それぞれの県を勝ち抜いた実力 ...

コーチングStronger Team, アラン・ステイン, プレーイングタイム, モントロス・クリスチャン, 伊藤拓磨, 富樫勇樹, 松井啓十郎

より多くのプレーイングタイムを手にするための17のヒント

この記事を読んでいる選手、そして選手の両親の方は、「何故自分はプレーイングタイムを”もらえないのか”?」と考えたことはないでしょうか? もしそうであれば、もしかしたらその考え方自体が間違っているのかもしれません ...