インタビュー保田尭之, 熊本ヴォルターズ

2006年世界選手権での衝撃、夢はインターナショナルなコーチになること。保田尭之コーチのスペインでの歩み<2>

GSL(ゴールドスタンダード・ラボ)のFBページで2016年に公開していた記事の再投稿です。2018年5月現在、B2熊本ヴォルターズHCとして奮闘する保田尭之さんはスペインでバスケットボールを学んだ異色の経歴の持ち主。以前よりオフシー ...

戦略・戦術Torsten Loibl, トーステン・ロイブル, ファイブ

Torsten Loibl 氏が用いた『ファイブ』。その導入プロセスを考える(Euro Basketball Academy monthly Coaching Clinicより)

以前の記事、Torsten Loibl HCが国際大会で使用したオフェンス①『ファイブ』では、2018年度のU16、U18、U19(2017年)男子代表チームが使用していたハーフコートオフェンスから「ファイブ」(名称はコール名より。Y ...

インタビュー保田尭之, 熊本ヴォルターズ

2006年世界選手権での衝撃、夢はインターナショナルなコーチになること。 保田尭之コーチのスペインでの歩み<1>

GSL(ゴールドスタンダード・ラボ)のFBページで2016年に公開していた記事の再投稿です。2018年5月現在、B2熊本ヴォルターズHCとして奮闘する保田尭之さんはスペインでバスケットボールを学んだ異色の経歴の持ち主。以前よりオフシー ...

イベント, コーチングPositive Coaching Alliance, フィル・ジャクソン

「対戦相手は、自分たちがより良くなる為のギフトだ」フィル・ジャクソン氏も参考にしたPositive Coaching Allianceの哲学

前回までの投稿では、Positive Coaching Allianceのミッションや、課題認識、それに対してのアプローチ方法、彼らが提唱しているコーチング哲学から『The ELM Tree of Mastery(熟達達成の為のELM ...

戦略・戦術Torsten Loibl, トーステン・ロイブル, ファイブ

2018年4月上旬、男子日本代表U-16チームはFIBA U16 アジア選手権大会へと挑みました。本大会での戦績上の目標の1つは、上位4チームに与えられる2018年U-17ワールドカップ(夏・アルゼンチン)出場権の獲得だった事でしょう ...

個人スキルBasketball for Coaches

ペリメーターでのビッグマンのディフェンスドリル

チームのビッグマンのマッチアップが、相手チームのガードにスイッチされ、ペリメーターで1対1の状況になったときのことを思い出してください。恐らく相手のガードは、中に切り込み、容易に得点したのではないですか? これは恐らく、ビッグマンが迷 ...

コーチングBreakthrough Basketball, Youth Basketball

ロールモデルになることが良きコーチングとリーダーシップに必要だ

伝説的コーチ、ジョン・ウッデンは言いました。「リーダーにとって最も強力な味方は、彼ら自身が模範となることである」

コーチとして、本当に重要なことを見失うことは簡単です。それは戦術のことではなく、勝つことでもありま

個人スキルBasketball for Coaches, フリースロー

201803-bfc-free-throw-drills
接戦の試合では、フリースローの出来如何によって勝敗が決することがあります。つまり、フリースローはバスケットボールで最も重要なシュートであり、コーチは皆このことを知っています。それにも関わらず、ほとんどのコーチはフリースローの練習に十分な時間 ...