コーチングStronger Team, アラン・ステイン, プレーイングタイム, モントロス・クリスチャン, 伊藤拓磨, 富樫勇樹, 松井啓十郎

より多くのプレーイングタイムを手にするための17のヒント

この記事を読んでいる選手、そして選手の両親の方は、「何故自分はプレーイングタイムを”もらえないのか”?」と考えたことはないでしょうか? もしそうであれば、もしかしたらその考え方自体が間違っているのかもしれません ...

インタビューセルビア, デヤン・ボディロガ, ニコラ・カリニッチ, バスケ, パルチザン・ベオグラード, ユーゴスラビア, レッドスター ・ベオグラード

セルビア バスケ

先月投稿したセルビア大使館インタビューその1では、大変大きな反響を頂きました。世界屈指の強豪国の強さの秘密は、「将来目指せる場所や、それを目指すべく自身を磨ける場所があること」が、1つの要因ではないかと推測することができました。さて後 ...

イベント佐良土茂樹, 日本バスケットボール学会, 水谷豊

FIBAからの要求に対し、揺れに揺れている日本バスケットボール協会。我々草の根の人間にできることは、それでも止まらないことでしょう。マーティン・ルーサー・キングは言いました。

飛べなければ走ればいい。走れなかえれば歩けばい ...

個人スキル1on1, カーメロ・アンソニー, ジャブステップ

ジャブステップ

今回は「ジャブステップ」の使い方について議論していきたいと思います。
日本ではミートした後すぐに仕掛けるドライブが重視されますが、アメリカではきちんとリングに正対(スクエアアップ)した状態からのジャブステップドライブが重要視さ ...

インタビューセルビア, ユーゴスラビア, ワールドカップ

アメリカ代表が圧倒的な強さで優勝を決めた、2014年バスケのワールドカップ。アメリカへの称賛の次に、私の興味はすでに準優勝チーム「セルビア」へと移っていました。セルビア共和国、通称セルビアは、バスケやサッカーファン(ピクシーことストイ ...

戦略・戦術エルトラック, セットオフェンス, バスケの家庭教師, ボールスクリーン・モーションオフェンス, モーションオフェンス, 森高大

先日に引き続きアメリカ、ウエストバージニア大学にてコーチング修行中の森コーチ(@ta__mori)より寄稿。今回は「ボールスクリーン・モーションオフェンス」を紹介します。これはその名の通り、連続するボールスクリーンの中でチャンスを作り ...

個人スキルエルトラック, カイリー・アービング, シグネチャームーブ, ワールドカップ, 岩井貞憲

今回は世界選手権にてMVPを受賞したカイリー・アービングについてです。各国の個人スキルの高さは僕が想像するよりも高いものでしたが、その中でもアメリカの個人スキルの高さは郡を抜いていたように思えます。そしてアービングの活躍は、大会を通じ ...

コーチングコーチング, 指導方法

.embed-container { position: relative; padding-bottom: 56.25%; height: 0; overflow: hidden; max-width: 100%; height: aut ...

PAGE TOP