コーチングBreakthrough Basketball, Youth Basketball

3対3が育成年代のバスケットボールに有用な4つの理由
3対3には多くの意味があります。それは長い目で見た選手の成長に寄与する、いくつかの理由があります。

イベント尺野将太, 磯野眞

「ACはHCのイエスマンではいけない!ただし、忠誠心も持たなければならない」尺野将太コーチによる勉強会

6/20(火)日本橋MIXERにて横浜ビー・コルセアーズの尺野将太コーチを講師とした「Professionalを目指すバスケットボール勉強会」が開催された。タイトルの通り、現在は大学の体育会で学生コーチ・スタッフを務める、プロコーチを ...

コーチングBasketball for Coaches

親が子どもたちのスポーツを台無しにしないための8つの心得
本当にバスケットボールを愛し、プレイヤーを気遣うことができる育成年代のコーチとして、あなたができることを下記に記します。

インタビューU19, シェーファー アヴィ幸樹, トーステン・ロイブル, 八村 塁, 西田 優大

「将来待ち構えていることすべてに打ち勝てると信じている。そのために、ひたすら走り続けたい」トーステン・ロイブル氏の人生哲学に迫る

「FIBA U19バスケットボールワールドカップ2017」を過去最高となる世界10位で戦い終えた男子U19日本代表チーム。八村 塁選手(ゴンザガ大学2年)の攻守両面でのパフォーマンスや、新しいスター候補選手であるシェーファー アヴィ幸 ...

コーチング, 個人スキルcoachbase, ブライアン・マコーミック, ミニバス, 中学生

『バスケ脳力』のブライアン・マコーミックが考える育成年代の新しい練習方法
試合とは直接活きることがないファンダメンタルやスキルを考えるのではなく、試合を通してファンダメンタルを構築するということです。

イベントERUTLUC, バスケットボールの家庭教師, 鈴木良和

3/18(土)『バスケットボールの家庭教師』で知られる株式会社ERUTLUCのイヤーエンドパーティーがシネマイクスピアリ(千葉県浦安市舞浜)で開催された。本イベントは、ERUTLUC指導員の年間功労賞発表と、卒業する指導員の送り出し、 ...

コーチング, 戦略・戦術Brad Stevens

「ペース&スペース オフェンス」:「天才」コーチ ブラッド・スティーブンスの戦略
スティーブンスのどこが天才的なのだろうか? キャブスのティロン・ルーHCは「ウォリアーズよりも守るのが難しい」と話した。そしてセルティックスに釘付けの多くのアナリストも指摘する、スティーブンスのオフェンスに秘密がありそうだ。

イベント

ヨーロッパの地で、学び、成長し続けた選手たち:ドイツアルバートシュバイツァートーナメント観戦レポート
現在、U-18男子ナショナルチームが参戦中のアルバート・シュバイツァー・トーナメントを現地観戦している日本人の青年コーチ、ドイツのハイデルベルク大学へ短期留学中の藤澤潤さんに観戦レポートを寄稿して頂きました。