選手の集中力、高いモチベーション、ハードワークを引き出す10の方法

-PR-

170210-F-OT558-0001.jpg

作戦ボードに次のプレイを書くことができるコーチはいくらでもいるが、勝利するのは選手の輪に入り、彼らをモチベートできるコーチである – ヴィンス・ロンバルディ(NFL グリーンベイ・パッカーズHC)

あらゆるレベルのバスケットボールコーチが直面している最大の課題の1つは、プレイヤーの集中力とモチベーションを維持し、最大限激しくプレイし続けさせることです。 以下で、チームのモチベーションを保つために役立つ、10のヒントを示します。

1. 最初の練習で期待値を設定する

最初にコーチとしてのあなたが期待することを設定することは、チーム内でのコーチの役割を確立するだけでなく、あなたがどのようなコーチであるかをプレイヤーに知らせるための最良の方法です。

例えば最初の練習で、笛を吹いて体育館の中央にプレイヤーを集めます。プレイヤーが走って集まらない場合、元の位置に戻らせます。その後に、再び笛を吹いてください。すると今度は、すべてのプレイヤーが走って集まるでしょう。さらに重要なことは、これ以降の残りの期間、彼らは笛に対して十分な注意を払うことでしょう。

2.あなたのプレイヤーが重要であることを示す

プレイヤーが、チームや自身のために懸命にプレイするようになるための最も効果的な方法は、おそらく、あなたがプレイヤーを気にかけていることを彼らにわかってもらうことでしょう。

プレイヤーのバスケットボールの外での生活にも興味を示してください。プレーヤーを個性を知ろうとしてください。彼らと1対1で話し合う時間を設けてください。何時間もかける必要はありません。ポイントは、バスケットボールコートの中であろうと外であろうと関わらず、あなたにとってプレイヤーが重要であると知らせることです。

3.あなたの行動の全てを動機付けに用いる

楽しさを持ちながら、肯定的な姿勢で、プレイヤーにいま期待していることを知らせます。プレイヤーは、あなたが言うこととやることをすべて理解し、それに応じて対応します。あなたの哲学を言い表すことで、あなたのプレイヤーは、あなたが何を期待しどうしてほしいのかを知るようになります。

たとえば、チーム1のリバウンド・マシンがスターターになることをプレイヤーに伝えれば、全てのプレイヤーはリバウンド・マシンになるよう努力します。あなたの言葉や行動を通して、リバウンドがあなたにとって重要であることを伝えるのです。

あなたが強調していることはすべてです! あなたが常にリバウンドについて話しているなら、プレイヤーはそれを理解して良いリバウンダーになるでしょう。

4.言葉による賞賛を提供する

賞賛が注目を集めます。プレイヤーは人々は賞賛を愛するのです。基本的なドリルか、よりスキルが求められるドリルかどうかにかかわらず、上達やハードワークのために賞賛を与えてください。

時に大きな努力に対しては、チームの前でプレイヤーを賞賛します。多くの場合、このような賞賛は歓迎され、プレイヤーはそれを得るために懸命に働くでしょう。また、悪いフィードバックを与える場合は、良いフィードバックの間に入れることを忘れないでください。

例「君は素晴らしいハッスルプレイを見せてくれた。次は良いシュートを待とう。素晴らしいハッスルを続ければ、必ず良いシュートが君に回ってくるはずだ!」

5.時には言葉ではない報酬を提供する

プレイヤーには、ゲータレードのような具体的な報酬を随時提供するか、偉大なモーガン・ウートンの戦術を利用して、目標を達成するよう動機づけることができます。ウートンは自身のプレイヤーに「権限=Permissions」を提供しました。

権限は、傑出した努力や目標達成に基づいてプレイヤーに与えられた報酬でした。権限は練習を通して獲得され、最後に集計されます。獲得した権限によって、プレイヤーはシャトルやドリルの数を少なくすることができます。

一方期待に達していないプレイヤーには、数を追加することもできます。たとえば、リバウンドドリルでは、5つ以上リバウンドを獲るプレイヤーには権限を、4つ未満のプレイヤーには1つ追加でやらせるなどの設定ができます。

6.チームとしての成功を導く

チームスポーツであるバスケットボールでは、1人で得る勝利よりも、チームで得る勝利がより嬉しいものです。プレイヤーは、自身がチームの一員であることを理解すると、より多くの努力をする可能性が高くなります。プレイヤーに、あなたの行動や言葉を通してチームに伝えていることを思い出させることによって、彼らは成功するためにチームとして努力する意欲が高まります。

特にチームとしてうまくいった練習に対して、プレイヤーを言葉で賞賛したり、言葉ではない報酬を提供することによって、これを達成することができます。 また、各プレイヤーの強みと弱みを知ることで、潜在的な対立を見極め、チームの態度を徹底することができます。

7.ドリルに競争を加える

物事を魅力的にし、選手たちがハードワークし続けられるようにするには、ドリルに競争的な要素を加えることです。たとえば、チーム対抗のシューティングドリルを設定し、勝利したチームやプレイヤーに報酬を与えることができます。

少し想像するだけで、ほぼ全てのドリルを競争力のあるものにする方法を考えることができます。 しかし、チームメイトを比較することで、一部のプレイヤーは悪い気持ちになり、チームメイト同士の不要な闘争心を促してしまうことを忘れないでください。要するに、プレイヤーのモチベーションを押しつぶすこともあるということです。チームメイトを比較する必要がある場合は、目的の動作やスキルをモデル化するためにのみ行います。たとえば、「ジョーがフリースローでどのようにフォロースルーをしているのかを見て、次は自分がラインに立って、自分のそれがどのように見える化考えてみよう」というやり方です。

8.視覚化する

視覚化は貴重なコーチングツールであり、スポーツのレベルにかかわらず、全てのアスリートが自身のスポーツから学ぶことができ、残りの人生を成功に導くスキルでもあります。

プレイヤーに、自身の目標を視覚化するように教えてください。視覚化は、今集中すべきことを教えてくれます。また計画し、実行し、および成功することも教えます。

9.罰を与えず、教えによって規律をもたらす

不適切な行動に対する懲罰は、チームの焦点を抽象化し、プレイヤーのモチベーションを妨げるだけです。代わりに、自身を適切に律する方法をプレイヤーに教えてください。

潜在能力を生かせていない選手を怒鳴ったり、あるいは罰したりするのではなく、「それは君のベストか? 君はハードワークしているか?」と問いてください。多くの場合、自身がベストを尽くしていないと気づいているプレイヤーは、それを本人に認識させるだけでハードワークするようになります。

また、一貫性を持つことも忘れないでください。たとえば、練習に遅刻することが許されない場合、練習に遅刻するプレイヤーは、誰でどんな理由があっても同じ対応をしてください。

10.チームと選手に適切なゴールを設定する

選手やチームは、何を重視すべきかを知るために、そして何のために努力すべきかを知るために、目標を必要とします。 しかし、鍵は選択した目標の「タイプ」です。

私は、チームで最多得点を獲ったり、試合に勝ったりというような目標を設定してはいけないと確信しています。プレイヤーは目標を設定せずとも、これらを望んでいるからです。言うまでもなく、これはプレイヤーに間違った考えを与えてしまいます。

しかし、試合のほかの重要な側面に目標を設定すると、大きな成功が見られます!

代わりに、少ないターンオーバー、チームのシュート確率、対戦相手のシュート確率、チームのリバウンド数(個人ではない)、ディフェンスのスタッツ、1試合あたりのポゼッション数を目標として設定できます。あなたは恐らく、いつも相手チームより多くのポゼッションを望んでおり、それはリバウンドとボール扱いの丁寧さに起因します。

腕立て伏せを100回や、5分以内に1マイル(約1.6km)のような目標を持つこともできます。目標を設定するときは、プレイヤーに対するメッセージに注意するだけです。目標が適切に使用されると、強力な動機付けとなりえます。

そしてまた、プレイヤーが目標を達成したことを賞賛することも忘れないでください。

整ったシステムで目標や統計情報を使用して、プレイヤーに動機を与えたい場合は、Value Point Systemを試してみてください。これはプレイヤーに動機を与え、ハードワークさせ続ける最も効果的な方法の1つです。

いくつかのプレイヤーが動機づけされる方法で、それが通用しないプレイヤーもいます。そのため個人としてプレイヤーを知り、彼らが個人やチームにどのように対応するのかを知ることは重要です。結局のところ、あなたが彼らと一緒になり、興奮し、練習を面白く保つために時間をとっていれば、あなたのチームは必ず応えてくれることでしょう。


出典:10 Tips For Getting Your Basketball Team Focused, Motivated, And Playing Hard!breakthroughbasketball.com

※本記事は出典元の許諾を得た上で、全文翻訳の形で掲載しております。

この記事の著者

Breakthrough Basketball
Breakthrough Basketball
JeffとJoeのHaefner兄弟が2006年に開始。バスケットボールコーチ向けの情報サイトやDVD、キャンプやアプリなどのコンテンツを開発。これまでに200万以上の訪問者、1万以上の記事を公開するなど、バスケットボールコーチへのサポートを提供している。