NO ZONE が創る未来:武庫川女子大学バスケットボール部ヘッドコーチ 坂井和明

こんにちは。株式会社ERUTLUC指導員の佐東雅幸です。以前、GSLでは、「インサイドトラップディフェンス ~ハーフコートでプレッシャーを最大化する〜:トーステン・ロイブル氏クリニック」、「トーステン・ロイブル氏クリニックレポート テーマ「オフボールスクリーン」~どのようにスクリーンでフリーなショットを創れるか~」のクリニックレポートを寄稿しております。

今回、2015年8月末に開催された指導者講習会「NO ZONEが創る未来」での坂井和明さん(武庫川女子大学監督)の講義について、坂井先生の許可を頂き、当日の要点を中心としたレポートを書かせて頂きました。

2017年1月現在、マンツーマン推進に関する動画なども公開されていますが、「なぜ、ゾーンが禁止なのか?」という問いかけから「NO ZONEにする事で何か期待できるのか?」という視点で熱く語られた講義の様子をお届けできれば幸いです。

1.Why no-zone:なぜゾーン禁止なのか?

①2014 FIBA U17 World Championship USA VS JAPAN

第1ピリオド 6-41の衝撃

日本の特徴

  • スピードドリブルからキャッチ&ショット
  • パスはするが1on1の状況は変わらず…

アメリカの特徴

  • ドリブルでショットメイクをする
  • ドリブルとショットのバリエーションが多い

②「能力」の視点ではなく、「個人技術」の視点で観る重要性

ニックネームのついた技術群がUSAでたくさんある。

※実際の講義では、坂井先生が分類された様々な技術群が紹介された。本レポートでは省略。

この結果はゾーンディフェンスが直接の原因ではない。しかし、日本のバスケットボールの在り方が影響していることは確かである。

ゾーンディフェンスがメインになると向上しづらい攻撃戦術がある。

③向上する技術としない技術

  • ハーフコートゾーンディフェンスを使う影響は?
  • フルコートゾーンディフェンスを使う影響は?

ハーフコートゾーンディフェンスを使う影響は?

フルコートゾーンディフェンスを使う影響は?

④ゾーンディフェンスがチームに与える影響

ミニ・中学校で強いチームほどイージーレイアップ・キャッチ&ショットで勝ち進んでいく現実…

そういったチームの特徴

  • 弱いチームには大量に勝つ
  • 女子は届かないから両手で打つ
  • 晩熟の長身選手は、速さについていけないため ベンチで経験が得られない
  • 空いたらシュートはできる

空かせてシュートを打てるプレイヤーを育てる方が重要ではないか

2.Where we go with no-zone:私たちは何処へ行きたいのか?

Where we go with no-zone:私たちは何処へ行きたいのか?

個人スキルを高めること

  1. 1on1でショットする力が向上

    1人では守れない(1on2を生み出す力)

    ヘルプディフェンスの必要性が出る

    1on0でワイドオープンのイージーショットが打てる
  2. 1on1で守る力が向上

    1人で守れる(1on2を生み出さない力)

    ヘルプディフェンスの不要

    1on0でワイドオープンのイージーショットを打たれない可能性
  3. 1on1で打破できない

    どんなに早くパスを回してもその先は1on1のまま

    「ミートで崩す」は幻想

①、②はお互い高めることに繋がる。しかし、③のように、日本はまず1on1で打破することができない。

問いかけてみよう。

自チームのプレイヤーは1on1に強いですか?

これは、「能力」「キャリア」で決まらない。もし、「能力」「キャリア」で決まってしまうのであれば、コーチができることはリクルートのみということになる。

日本がこれから出来ることをやっていく!

体格・体型で劣るからこそ、精密機械のような技術力を身につける必要性がある

認知・判断・実行する力
個人スキル、バリエーション

コーチの価値観を変える。

そうすることで、限られた練習時間の中で、練習内容・方法・配分が変わる。

1on1ならショットが打てるプレイヤーづくりが重要となる。

「今のトッププレイヤーがどんなプレーをしているか?」を観察するところから出発である

この記事の著者

佐東 雅幸
佐東 雅幸
1990年生まれ。中学校でバスケットボール部に入部し、情熱あふれる恩師に出会い、高校は日本大学山形高等学校に進学し、バスケットボールに熱中する。大学からはバスケットボールの家庭教師ERUTLUCとの出会いを通じて、バスケットボールのコーチとして指導をスタート。私立我孫子二階堂高等学校でアシスタントコーチとして活動の経験を得て、現在は、エルトラックの活動を中心に平日は、高校の部活への出張指導、土日の夜は小中学生を対象に、「なりうる最高の自分を目指す環境を提供する」ことを心がけてバスケットボールの指導を行っている。