優れたコーチになるための14の資質

優れたコーチになるための14の資質

私はキャリアを通して、数々の殿堂入りするようなヘッドコーチと仕事をしたり、学んだり、話をしたりする機会があったことに感謝している。ボビー・ナイトとヒュービー・ブラウンと共にしたディナーや、コーチKとジョン・カリパリの練習を見たこと、ケビン・イーストマンとジョージ・ラベリングとのプライベートミーティング、ドン・ショーウォルターとテイト・ロックと並んで話したこと、マイク・ジョーンズとスチュ・ベッターと一緒に働いたこと。これらを通して、私は優れたコーチの資質が何かを間近で観察することができた。

以下に優れたコーチになるための14の資質を紹介しよう。

優れたコーチになるための14の資質

  1. 優れたコーチははっきりとした目的を持った使命を持っている
  2. 優れたコーチは偉大な思想家である
  3. 優れたコーチは高潔な人格を持っている
  4. 優れたコーチは変化を受け入れる
  5. 優れたコーチは共感力を持っている
  6. 優れたコーチは意図的にリスクをおかす
  7. 優れたコーチは高いバスケットボールIQを持っている
  8. 優れたコーチが決断力を持っている
  9. 優れたコーチは適切に権限を利用する
  10. 優れたコーチは効果的なコミュニケーターである
  11. 優れたコーチは奉仕型のリーダーである
  12. 優れたコーチは勇敢である
  13. 優れたコーチはコート内外を問わずプレイヤーの改善に全力を尽くす
  14. 優れたコーチは毎日自身の職務に取り組む

あなたはどれくらい当てはまっただろうか?

読んでくれてありがとう。さあ、練習に戻る時間だ。

出典:14 Qualities of a Master Coach|puresweatbasketball.com
※本記事は出典元の許諾を得た上で、全文翻訳の形で掲載しております。

この記事の著者

Pure Sweat Basketball
Pure Sweat Basketball
あらゆるレベルの選手やコーチに、バスケットボールのトレーニングに関するさまざまな製品やサービスを提供している。CEOのDrew Hanlenは、ブラッドリー・ビール(WAS)、アンドリュー・ウィギンス(MIN)、ドワイト・ハワード(ATL)、ジョーダン・クラークソン(LAL)、ザック・ラヴィン(MIN)など、多くのNBA選手をクライアントに持つ。現在は、DeMatha Catholic High SchoolやMontrose Christianを始めとした強豪高校や、ナイキとの仕事を含む多くのパフォーマンスコーチの経歴を持つ、元Stronger TeamのAlan Steinがパフォーマンスディレクターを務めている。
puresweatbasketball.com

いいね!で最新記事も
チェックできる!