U-19男子日本代表HCトーステン・ロイブル氏のタイムアウト・選手交代戦略

U-19男子日本代表HCトーステン・ロイブル氏のタイムアウト・選手交代戦略

エジプトで開催されたU-19ワールドカップで男子日本代表チームは10位に輝いた。世界の強豪チームと伍して戦う姿には、多くの指導者が勇気を得ると共に、数々の示唆を与えてくれたはずだ。GSL編集部では、攻守両面における大黒柱として大車輪の活躍を見せた八村塁選手(ゴンザカ大学2年)のプレータイムをキーポイントの1つとして着目した。記念すべき初戦、大接戦を演じたものの、終盤に突き放されたスペイン戦、八村選手は20得点10リバウンドとダブルダブルの活躍を見せるも、前半16点に対して後半は6点。日本代表はサイズ差を補うため、ディフェンスにおけるローテーションやコミュニケーションが求められる。八村選手と言えども、疲労の影響が少なからずあったのではないか。

トーステン・ロイブル氏も、各種記事などで「ベストなパフォーマンスを発揮し続けるためにも、八村選手の出場時間の目安は32分」と語っていた。32分という事は、単純計算で、各ピリオドで8分間の出場時間が目安という計算となる。拮抗した試合の中、どの「2分」でキーマンをベンチに下げる事が有効なのか。交代選手は、何を意識すればよいのか。そして、キーマンをベンチに下げる時間帯のプレーの方法は、練習で準備が出来る項目なのだろうか。

2015年2月に開催されたEuro Basketball Academy monthly coaching – clinics in Japanでは、Coaching – Important things beside game starategiesという題目にて、キープレイヤーの交代策についての考え方も紹介されました。なるべく多くの選手を起用したいが、ゲームの展開をコントロールしきれずに、ベンチメンバーを拮抗した試合で起用できない悩みを抱えているコーチも多いのではないでしょうか? 下記レポートが、選手起用の判断基準、考え方の参考となり、チームの悩みを解決する一助になれば幸いです。

クリニック議題

Coaching – Important things beside game starategies

  • Substitusions
  • Time out management
  • Roles for players/ Play time control
  • Communication
  • Principles

1.Substitusions(交代について)

  • バスケットボールは40分間のゲームである。プレーの強度を保てるようにコントロールする必要がある。日本の場合、特に若い世代は5人で戦うケースが多く、どうしても体力の温存や、ファールトラブルを避けた展開になりがちである。欧州では少なくて8人、多くて11人で戦い、常にコート上では強度の強い攻防を要求している。1人当たり、20~25分のプレータイムをリミットと考え時間の配分を行っている。
  • ゲームプランにある選手は前半で全て起用すべきである。後半になって起用してもゲーム感を掴みにくい。
  • ゲームのリズムを保つことが大切だ。1回の交代で変えてよいのは原則2名まで。

重要なポイント

自チームのキープレイヤーに効果的に休息を与える必要がある。クォーターブレイクを有効に使おう。

例:この時間帯にキーマンを休ませ、勝負所で良いパフォーマンスを出せるように活用しよう!

  • 3ピリのラスト1分で休憩(実質90秒~120秒を要する)
  • クォーターブレイクで2分休憩
  • 4ピリの最初1分を休憩(実質、90秒~120秒を要する)

上記の形を意識することで、実質、キープレイヤーのゲームタイムでの不在時間は2分となるが、実質、約5分間のパーフェクトな休憩が取れる。休憩の為にタイムアウトを一つ浪費するよりかは、ピリオドブレイクを活用したい。

2.「効果的な休息」についての考え方

キーマンを休ませる時間帯では、良いディフェンスのラインナップを考えるべきだ。相手チームにオフェンスの機会やチャンスを制限すればよい。場合によっては、オフェンスのペースダウンを検討しても良い。2~3回のポゼッションを乗り切れればOKである。
※コーチは、オフェンスの特徴で交代選手やチームバランスを考えるが、特に、キーマンを休ませている時間帯は、ディフェンスをベースに考えるべきだ。

キーマンを効果的に休ませる際のイメージ図。ゲームタイムでは2分間しか休ませずとも、約5分間近くキーマンが連続して休息を取れる仕組みになる。カラーリングはGSL編集部から、U-18を世界の舞台へ導いてくれたコーチに敬意を表してのカラーリング
キーマンを効果的に休ませる際のイメージ図。ゲームタイムでは2分間しか休ませずとも、約5分間近くキーマンが連続して休息を取れる仕組みになる。カラーリングはGSL編集部から、U-18を世界の舞台へ導いてくれたコーチに敬意を表してのカラーリング

このときも、基本的には1人の交代だけにする。リズムを保つため、あまり混ぜ過ぎない。

3.タイムアウトのマネジメント

日本の場合、コーチが選手に悪い部分、問題だけを伝えてタイムアウトが終るケースが多い。プレイヤーはコート上の問題に対して、新しいアイデアを獲得できずに終わる。また、(選手の奮起を期待している意図があるにしても)選手のミスを叱責し、問い詰め、追い詰め、それで1分間が終わることも少なくない。選手はネガティブな気持ちを引きずりながらプレーし、それが原因で選手とコーチとの間で壁ができることも珍しくない。常に「解決策」にフォーカスし、選手をポジティブな心境でコートに戻せるように心がけるべき、というのが基本的な考えである。

そのため、トーステン氏は以下の基本的な原理原則を好んで使用している。

  1. サンドイッチの原則
    良いこと、指摘・改善点、良いこと、という順番で伝える。選手に聞く耳を持たせることが大切だ。
  2. 最大で3つの情報とする
    試合中、選手は理解できない。科学的にも、運動中で披露している選手が覚えられる新しい情報は3つが限界というデータも出ている。もし、あれもこれもと、例えば8つも新しい情報を伝えているとする。きっと、そのタイムアウトは意味をなさないだろう。
  3. 最も重要な項目を最後に伝える
  4. タイムアウトの時間配分は、下記をベースに考える
    ・10秒:休息
    ・40秒:情報伝達(サンドイッチの法則を活用)
    ・10秒:ハドルの時間、選手同士でのコミュニケーション
  5. とにかくシンプルに。KISSの法則
    Keep it simple,stupid(馬鹿でも分かるようにシンプルに!)

    「ペネトレーションに対してボールマンはヘルプをもう少し頑張ろう、良いポジションでカバーの準備をしよう、ヘルパー(カバーのカバー)まで頑張ろう」
    「15点のビハインドだね。でも、まだ8分もある。DEFを改善すれば、追いつけるよ」
    ※非常に単純であるが、これぐらいの簡単なことでよい(KISSの法則)ことを強調。

4.役割とルールについて(make roles clear)

日本の若い選手と面談をした際、自分自身の特徴を訪ねると、すぐに返答できないケースがあった。これは普段から自分の役割や、特徴(長所、短所)を考える習慣の欠如が原因ではないかと考えている。コーチは、たとえ選手のプレーを制限することになっても、選手に役割を与えることを恐れてはいけない。役割を選手に与えることで自信を持ってコートに立つことができる。期待した役割に対してフィードバックを行うことで、選手も自分のプレーを振り返りやすい。

上記の考えに則り、トーステン氏は選手に役割を与えた上でのチーム作りを好んでいる。

  1. 選手に対してLetter(文字、役割)を与える。トーステン氏は5つの役割分担を好む
    5つの役割について
    ・S=Shooter
    ・D=Defender
    ・R=Rebounder
    ・T=Transition(ゲームのペースを上げることができる選手)
    ・P=Penetrator
  2. 選手との話し合い
    選手に役割を理解させ、それを受け入れてもらうことが大切(players need to understand and accept their roles!!)
  3. それぞれの役割についての説明
    ・S=Shooter
    トヨタを指揮している時代、折茂選手にはシュートについては権利を与えた。自分が打てる、決められると判断したときはいつでも打ってOKという役割を与えた。
    ・D=Defender
    ディフェンダーの選手は、その役割をチームの中で自覚しなければならない。常に相手のトッププレイヤーを守る役割について責任を負う。
    ・R=Rebounder
    ディフェンスリバウンドを確実に取ることができる選手。相手のビッグマンに対して、ボールウォッチでも、ソフトコンタクトでもなく、ハードコンタクトを繰り返すフィジカルとメンタリティを持ち、ディフェンスリバウンドを死守できる選手。
    ・T=Transition
    トランジションを早めることができる選手。また、常にゲームテンポを察することができる選手である事が望ましい。スピードドリブルが出来る、または、ウィングのランナーとして素早く何度でも駆け抜ける脚力がある。
    ・P=Penetrator
    アウトサイドシュートだけのゲーム展開になったら、ペネトレイターを投入、または戦術の中で彼の比重を多くし、オフェンスを修正する。
    上記のように役割を明確にしたうえで、コーチはBig Pictureを描き、パズルのように組みあわせる必要がある。

5.いつタイムアウトを取るべきか?

まず、「タイムアウトを取る」ことに対する考え方を改めて考え直してはどうだろうか。タイムアウトは、決して相手チームに負けている、劣勢であることを意味するわけではない。決して、恥ではない。

どのような試合でも問題は起きる。ゲームに対する良い感覚を失うこともある。タイムアウトの時間で、それを取り戻せばよい。

上記の考えに則り、トーステン氏が提唱するタイムアウトを取るべきタイミングは下記。

Momentum change(react on momentum loser):瞬間的な変化への対応
相手の良いプレーが2回以上続いて、ゲームの流れが移りそうな瞬間

Run of opponent
相手チームの連続得点で、0-6で、優勢に試合を進められているとき(コーチによっては、2連続での失点で取る人もいる)
※ゲーム中の特殊な瞬間もタイムアウトの対象となる。相手のディフェンダーがハッスルプレーでオフェンスのミスを誘い、ルーズボールへダイブ。そのパスをトランジションが得意なガードが受け取り、相手を抜き去り、ベストなランでコートを駆けるウィングマンにパス。レイアップのこぼれ球をインサイドの選手がリバウンドでダンク!! 相手ベンチ、会場を含めて最高潮の盛り上がりを見せた。そのような場面もタイムアウトの対象となる、

  1. Total strategy change:大きな戦術の変更
    ゲーム前のプランとの変更や、相手チームの戦術に対して変更をするとき
  2. Lost game rhythem:ゲームのリズムを失っているとき
    コート上に困惑が多くなり、オフェンスの展開や重くなる、ディフェンスのコミュニケーションがルーズになった場面
  3. Rest time:最後のピリオド限定
    休息のためのタイムアウト。ゲームの終盤、もっとも大切な場面でクラッチシューターやベストな5人をゲームに出せるようにコーチは配慮すべき。そのための方法の1つとして。交代ができない状況で選手を休ませたいとき。
    ※「効果的な休息」の項でも説明した通り、極力、休息のためのタイムアウトを取らずに、かつ、中心選手をもっとも大事なゲームの場面でフレッシュな状態でコートの上に立てるように細心の注意を払う必要がある。
  4. チームトーク(試合前に何を話すか)
    基本的に、ここでもKISSの法則(Keep it simple,stupid!)を考える。オフェンス、ディフェンス共に最重要項目の1つを伝えることを心がけている。

6.トーステン氏のチームトークの内容

Game planについて

  1. Main tasks offenceについて
    相手ディフェンスの種類、ゾーンかマンツーか、ヘルプの状況などビッグマンの有無、その弱点
  2. Main tasks deffenceについて
    シューティングゲームにしたいのか、ペネトレイトさせてよいのか、ファーストブレークはどうなのか、相手ビッグマンのオフェンスはどうなのか?
  3. マッチアップについて
    トーナメントの場合は事前のスカウティングが難しいが、どのようなマッチアップがベストなのかを伝える。

そして、「我々は準備をしてきた!」という自信を与えることが重要であると強調、試合と言うのは「準備してきたことのご褒美をもらう時間である!」という手応えを抱かせることが重要である。

ハーフタイムのトーク

ハーフタイムについて、トーステン氏が考えている重要な項目は下記となる。

  1. 選手だけの時間を与える(ロッカールームであれば、入室時間を調整する)
  2. サンドイッチの法則(「3.タイムアウトのマネジメント」を参照)
  3. 最も重大なオフェンスの問題を伝える
  4. 最も重大なディフェンスの問題を伝える
  5. 解決策にフォーカスすること
    「シュートが入らない! なぜだ! 馬鹿か? 気持ちの問題だ!」と選手を叱責するのではなく、解決策に焦点を当てる。スローガン“Focus on Solutions!!!”
    例:シュートが入らない。なぜだろうか? スクリーンがエアスクリーンになっていないか? セットをする位置は正しいか? ユーザーのタイミングは適切か? ウィングにボールをデリバリーできていないか? なぜだろうか?

試合後のトーク

トーステン氏の考え方や、進め方は下記。

  • 勝った日……何もなし。
  • 負けた日……何もなし。

その日は何も言わない。基本的に全て翌日にする。ゲーム後にすぐに伝えたことは、たいてい間違えている。感情的になっており、正しい判断ができない。ほとんどの場合、間違ったことを選手に伝えてしまっているケースが多い。

7.トーステン氏の哲学/考え方の原理原則について

  • Think and act positively rather than negativiely:ネガティブにならず、ポジティブに考え、行動すること。
  • It is always too early to quit–stay focused!!!:諦めない!バスケットボールはエキサイティングでとってもクレイジーなスポーツだ。20点差、30点差あっても、諦めず、問題解決にフォーカスすれば、何かを起こせる。
  • Think about solution rather than worry about problem:問題について考えるよりも、解決策について考える。
  • Mistakes are gift – best opptunity to improve:失敗は神様からの贈り物。成長するための最大の機会だ!
  • Make the best out of all situation!:どのような状況でも、必ずベストを尽くす。
  • Respect the player and appreciate effort!:プレイヤーをリスペクトする。そして、プレイヤーが成長や改善のために「努力した」ことに対して敬意を示すこと。プレイヤーに対する敬意の表し方は、話し方、言葉の選択、身振りなど様々な方法で表現することができる。

この記事の著者

片岡 秀一
片岡 秀一ゴールドスタンダード・ラボ特別編集員
1982年生まれ。埼玉県草加市出身。株式会社アップセット勤務の傍ら、ゴールドスタンダード・ラボの編集員として活動。クリニックのレポート、記事の執筆・企画・編集を担当する。クリニックなどの企画運営も多く手掛け、EURO Basketball Academy coaching Clinicの事務局も務める。一般社団法人 Next Big Pivot アソシエイトとして、バスケを通して世界を知る!シリーズ 第1回セルビア共和国編では、コーディネーターとして企画運営に携わりモデレーターも務めた。 J SPORTSでB.LEAGUE記事も連載中。

宮城クラブ(埼玉県クラブ連盟所属)ではチーム運営と共に競技に励んでいたが、2016年夏頃に引退。HCに就任。これまで、埼玉県国体予選優勝、関東選抜クラブ選手権準優勝、関東クラブ選手権出場、BONESCUP優勝などの戦績があるが、全国クラブ選手権での優勝を目標に、奮闘中。

いいね!で最新記事も
チェックできる!