コーチングBreakthrough Basketball, Youth Basketball

コーチとして常にポジティブであり続けるための方法とは?

人としての私の弱点の1つは、時に完璧主義者で、時にあまりにも批判的であることです。これは、私がコーチとして常に意識していなければならないことです。なぜなら、あなたがあまりにも激しく、または常に選手のミスを指摘するならば、彼らは自信を失 ...

コーチングBreakthrough Basketball, Youth Basketball

バスケットボール コーチングガイドブック - 選手の親に対処する「正しい方法」と望まない問題を避ける方法

コーチとして、選手の両親と協働することは、職務の1つです。しかし、「難しい」親と対することは、決して楽しいものではありません。たとえば、練習にやってきて、「なぜ自分の子どもがもっと試合に出れないのか」と尋ねてくるような親です

イベント, コーチングPositive Coaching Alliance, フィル・ジャクソン

「対戦相手は、自分たちがより良くなる為のギフトだ」フィル・ジャクソン氏も参考にしたPositive Coaching Allianceの哲学

前回までの投稿では、Positive Coaching Allianceのミッションや、課題認識、それに対してのアプローチ方法、彼らが提唱しているコーチング哲学から『The ELM Tree of Mastery(熟達達成の為のELM ...

コーチングBreakthrough Basketball, Youth Basketball

ロールモデルになることが良きコーチングとリーダーシップに必要だ

伝説的コーチ、ジョン・ウッデンは言いました。「リーダーにとって最も強力な味方は、彼ら自身が模範となることである」

コーチとして、本当に重要なことを見失うことは簡単です。それは戦術のことではなく、勝つことでもありま

コーチングBreakthrough Basketball, Youth Basketball

選手の集中力、高いモチベーション、ハードワークを引き出す10の方法

作戦ボードに次のプレイを書くことができるコーチはいくらでもいるが、勝利するのは選手の輪に入り、彼らをモチベートできるコーチである – ヴィンス・ロンバルディ(NFL グリーンベイ・パッカーズHC)

あらゆるレベ ...

インタビュー, コーチング

3/3(土)に開催されるSCJ Conference 2018に先駆けて、先週、都内某所で決起集会が開催され、同団体のビジョン、計画がが紹介された。本記事では、中竹氏のインタビュー記事の後編に加え、決起集会の様子の一部をレポートしたい ...

イベント, コーチングPositive Coaching Alliance, フィル・ジャクソン

「技能習得を重視する考え方は、勝利第一主義のコーチングより競争上の優位性を保てる」Positive Coaching Allianceレポート2

前回の投稿では、Positive Coaching Alliance(以下、PCA)のミッションや、課題認識、それに対してのアプローチ方法、それを実現する為に彼らが提唱しているコーチング哲学の全体像を紹介した。

「『勝つこ ...

コーチングBasketball for Coaches, Youth Basketball

バスケットボールの指導における男女の違い
バスケットボールを指導において、男子と女子ではまったく異なります。幸運にも、男女双方を指導したことのある方なら、特定の状況に対応する方法、コミュニケーションをとる最善の方法、その他多くのことが性別によって非常に異なることを理解しているでしょ ...