イベント, コーチングEuro Basketball Academy, トーステン・ロイブル, 片岡秀一

今回は、「Defense variations」をテーマに、2018年6月に開催されたEuro Basketball Academy coaching clinicより記事内で表現できる項目のみをレポート。

トーステン・ロ ...

イベント, インタビュー, コーチング東海大学バスケットボール部, 陸川章

昨今、バスケットボール界では、全国各地でコーチが学びを得られる場が数多く企画されている。日本バスケットボール協会でもライセンス制度を整備し、各種の講習会や研修会を積極的に実施。競技力を高めたい層から、バスケットボールを楽しみたい層の両 ...

イベント, コーチング, ストーリーERUTLUC, 鈴木良和

「バスケットボールの家庭教師」の事業を展開する株式会社ERUTLUCはバスケット界で幅広く認知されている存在だ。

バスケットボールの指導のみならず、同社の活動は非常に幅広い。米国、欧州のコーチを招聘してのクリニック活動、映 ...

イベント, コーチングB.DREAMプロジェクト, アカツキファイブ, エルマン・フリアン・マンドーレ

不定期更新、GSLのクリニックレポートシリーズ。今回は、バスケットボールスクールValueWorksの協力により、男子代表“アカツキファイブ”のアシスタントコーチHerman Julian Mandole (エルマン・フリアン・マンド ...

コーチングBreakthrough Basketball, Youth Basketball

コーチとして常にポジティブであり続けるための方法とは?

人としての私の弱点の1つは、時に完璧主義者で、時にあまりにも批判的であることです。これは、私がコーチとして常に意識していなければならないことです。なぜなら、あなたがあまりにも激しく、または常に選手のミスを指摘するならば、彼らは自信を失 ...

コーチングBreakthrough Basketball, Youth Basketball

バスケットボール コーチングガイドブック - 選手の親に対処する「正しい方法」と望まない問題を避ける方法

コーチとして、選手の両親と協働することは、職務の1つです。しかし、「難しい」親と対することは、決して楽しいものではありません。たとえば、練習にやってきて、「なぜ自分の子どもがもっと試合に出れないのか」と尋ねてくるような親です

イベント, コーチングPositive Coaching Alliance, フィル・ジャクソン

「対戦相手は、自分たちがより良くなる為のギフトだ」フィル・ジャクソン氏も参考にしたPositive Coaching Allianceの哲学

前回までの投稿では、Positive Coaching Allianceのミッションや、課題認識、それに対してのアプローチ方法、彼らが提唱しているコーチング哲学から『The ELM Tree of Mastery(熟達達成の為のELM ...