バスケットボール コーチングガイドブック – 選手の親に対処する「正しい方法」と望まない問題を避ける方法

-PR-

Coach Stevens
コーチとして、選手の両親と協働することは、職務の1つです。しかし、「難しい」親と対することは、決して楽しいものではありません。たとえば、練習にやってきて、「なぜ自分の子どもがもっと試合に出れないのか」と尋ねてくるような親です。または、試合のハーフタイムで、前半にうまく機能しなかった戦術について触れ、後半にすべき戦術などを伝えてくることもあります。

こうした親に対することは、決して好きになるものではありませんが、それでも、より良く付き合うための方法を学ばなければならないことです。幸いなことは、こうした不快な例の数を減らすためのステップがあるということです。

これらのステップとヒントは、バスケットボールのコーチとしての権威と信頼性を保持するだけでなく、あなたと選手、その親のとコミュニケーションを改善するのにも役立ちます。そして、オープンなコミュニケーションは、親と一緒に仕事をしていく上で最も重要なツールです。

適用される状況

以下で、こうした親の問題を予防し、親を味方にするための優れた戦略があります。

しかし、あなたの戦略の詳細は、あなたの選手の年齢、リーグのタイプ、そしてコーチングの哲学によって決まります。

例えば、プレー時間が等しい育成年代のチームは、勝利を求められる高校年代のチームとは、全く異なる親への手紙を使用します。したがって、あなたの状況に当てはまるように以下のヒントを選択してください。

この記事では困難な親を扱う方法を教えていますが、重要なことは、全員を喜ばせることはできませんし、試してはならないということです。あなたが信じていることに有効であり、一番うまくいくと思うコーチングテクニックを使用することが不可欠です。結局のところ、あなたはコーチであり、親ではありません。

難しい親と一緒に働くための20の戦略(問題が起きる前に問題を避ける)

1.シーズン開始前に親との会議を開催する

シーズンの初めに両親と会うだけで、多くの問題の芽を摘み取れます。彼らのことを知り、あなたの過去のコーチング経験と、今シーズンの方針について話してください。あなたが選手に期待していることと、想定している練習スケジュールを確かなものにしてください。

シーズン前の会議で話すべき事柄

親に期待すること:親は、自身の子どもが時間通りに練習に来るようにする責任があること、靴やユニフォームなどの用具を必要とすること、試合に来て子どもを支えること、親がチームの一部であることを理解させてください。

プレイングタイムのガイドライン:もしすべての子どもが同等のプレイングタイムを得られるのなら、それを親に知らせてください。あるいは、練習への出席、努力、オフシーズンの練習参加、スキルレベル、ほかにもプレイングタイムに影響をもたらすものがある場合は、これらを親に知らせてください。先にルールを設定して、将来の問題を避けるのです。

学校の運動部の方針の確認:親が知る必要がある支出やルールがある場合は、今度はそれらを乗り越える時間です。 一例として、選手の資格は重要な話題です。

あなた自身のルールと期待:練習に遅刻したり、練習を抜け出すことに対するあなたのルールは何ですか? コミュニケーションに関するあなたのルールは何ですか? 試合の前後に親があなたと話をすることを許可しますか? 親が何を期待するかを知るように、これらのことをすべて実行してください。

選手の送り迎え:選手の送り迎えはできないことを明確にしてください。あなたはコーチであり、カープールのサービスではありません。練習後に子どもたちを迎えるために、そこにいる必要があることを両親に理解してもらってください。選手の送り迎えはあなたの仕事の一部ではありません。

試合の日のガイドライン:あなたが試合の日の行動として期待していることを、親が理解していることを確認してください。これは、積極的な応援を意味し、ほかの選手を貶めたり、レフリーを避難することでもありません。そして、親からの「サイドラインコーチング」についても言及してください。これは子どもを混乱させるだけです。コーチの中には、「親の行動規範」を作成する人もいます。

作成する文書の要点: 選手のためのハンドブックと親への手紙の要点を見直してください。要点とは、あなたが親に何度でも確認してもらいたいと考えているルールのことです (選手のためのハンドブックと親への手紙のサンプルは下記に記載しています)。

チームの目標、優先順位、哲学:あなたの目標が、選手の成長や個人的な成長に集中することであれば、そのとおり親に伝えてください。そしてこれが何を意味するのかを説明してください。長期的な選手の成長のために必要な基本について教えてください。正直に、努力、チームワーク、そしてあなたの子どもが将来的に、最も重要なすべての試合=人生のゲームでの成功を手助けするために教えようとしていることを伝えてください。コーチとしてのあなたの優先事項は何ですか? チームの優先事項は何ですか?

2.あなたのコーチング哲学を説明する

親とプレイヤーの両方は、プレイングタイムはただの権利ではないことを理解する必要があります。それは特権なのです。そのため、これが親とのシーズン前のミーティングで明確に説明されなければなりません。プレイングタイムを正確にどのように設定するかは、恐らく最も困難な仕事ですが、プレイングタイムを得るために選手がしなければならないことはなんですか? 彼らは何を知る必要がありますか? 混乱が起きないようにしてください。

もし育成年代のチームでプレイングタイムが等しい場合、両親はそれを知る必要があります。もしそうでなければ、あなたは自身の子どもたちがほかの子どもよりも多くのプレイングタイムを得るべきだと考える親に直面するでしょう(そして親はその戦いに勝つことができるでしょう)。

『Everyone Hates a Ball Hog but They All Love a Scorer』の著者である、JumpStartHoops.comのKoran Godwinコーチは、チームのすべての子どもたちを本当に愛しているかを両親に伝えることが重要だと言います。あなたが今後数ヵ月にわたって教えるレッスンは、彼らを選手としてだけでなく、男性や女性として成長させるということを強調してください。これを強調することは、スポーツの最大の利点は勝利やプレイングタイムではなく、個人的な成長であることを思い出させるでしょう。

スポーツマンシップ、正直さ、倫理的行動をどのように考えているかを説明することも重要です。これらの価値はスポーツにとって重要であり、両親はあなたが子どもたちにこれらのことを期待していることを知るべきです。

親があなたの哲学を理解することは非常に重要です。これにより、無数の問題が解消されます。

3.最初にあなたと話すよう選手に要求する

プレイングタイムの不足に問題がある場合、選手は親ではなくコーチと最初に話をする必要があることを説明することが重要です。現実の世界では、人々はコミュニケーションの方法を知る必要があります。そして、これは選手がチームで学ばなければならないスキルです。

これは、最初の会議で説明し、ハンドブックに記載し、その年の間に両親に思い出させる規則でなければなりません。

親と選手は、あなたが青年のように子どもたちを扱うことになることを知る必要もあります。多くの若い選手は、親に助けてもらうことに慣れています(コーチに電話をかけさせてプレイングタイムを延ばすなど)。もし選手がもっとプレイングタイムが増えるべきだと感じたら、最初にあなたに話をするべきなのです。

4.選手のためのハンドブックを作成する

あなたの学校やスポーツプログラムで、何らかのハンドブックが作成されていない場合は、シーズンが始まる前にハンドブックを作成する必要があります。ハンドブックは、行動、罰、スケジューリング、および慣習のルールを説明する必要があります。それにはまた、試合の日の期待も詳述する必要があります。例えば、あなたの選手は試合の出入りのためにドレスアップする必要がありますか? バスに乗ってチームと一緒に試合に出入りする必要がありますか?

あなたが何を期待しているかについて多くの選手と親が知っているほど、後に問題が少なくなります。いくつかのサンプルハンドブックについては、次のヒントを参照してください。

5.契約書を作成する

選手のためのハンドブックを作成したら、選手と両親が署名するための契約書を作成する必要があります。契約書によって、選手とその両親がハンドブックを読んだことを確かにし、あなたが設定したルールを守ると約束させます。

以下に、いくつかの契約書のサンプルと選手のためのハンドブックへのリンクがあります。これらの契約書を例として使用し、プログラムのニーズに合わせて変更することができます。

www.breakthroughbasketball.com/coaching/mustangtryoutpacket.pdf(www.mustangroundball.comのShane Matzen提供)

6.コーチングの規約

Koran Godwinコーチは、プレシーズンでこれらの問題を扱う興味深い方法を持っています。これらの提案のいくつかは既に言及していますが、私は彼が問題に対処する非常に興味深いアプローチをしていると思います。どのように作用するのか、それは彼自身の言葉で見てみましょう。

プレシーズンでは、すべての親が幸せです。彼らの子どもは高校のチームに入れましたし、誰が多くのプレイングタイムを得るのかを分かっていません。この時期は、あなたの哲学とガイドラインを両親や選手に知らせるのに最適です。

  1. 私の最大の目標は、両親と私が子どものすべてを同じように愛すること、そしてプレイングタイムは子どもたちに対する私の個人的見解とは関係がないことを両親に示すことでした。私は彼らを若者として成長させるという意志と、今後数ヵ月にわたって学ぶ教訓は人生のための準備であることを強調します。
  2. コーチが息子を気に入らない、または気にかけないという神話を払拭した後、私は親にチームのルールを共有します。「あなたの子どもが私に最初に話をしない限り、プレイングタイムの問題について私に電話しないでください!」私は親に、子どもたちが将来に向けた準備をするために、選手は大人とコミュニケーションをとって、プレイングタイムを増やすためにできることを尋ねなければならないと説明します。親は子どものしていることの10%しか見ていませんが、日々プレイングタイムを競う場所の90%は親の目が届かない練習の現場です。子ども自身は、なぜ自分がほかの選手よりもプレイングタイムが少ないかを理解していますが、自身の努力が足りないことを親に伝えたいとは思わないでしょう。
  3. 私は選手を青年のように扱い、彼らがプレイングタイムを競うことを許していると選手たちに伝えています。 シーズンのどこかで、選手自身がより多くのプレイングタイムを得る価値があると感じたら、練習後に私に話すよう伝えてください。選手は、一度自身の考えを伝えれば、自身の競争相手と自身が注目されると知るでしょう。この方法は、特に両親が自身のために口を出すタイプの子どもにとって効果的です。
  4. コーチングの規約は、過去や未来において責任を持つことを促進します。私は両親に、これらの2つの分野での成長が、社会の生産的なメンバーとして子どもたちを成熟させる助けとなることを知らせます。私は子どもたちと数多くの会話をしてきましたが、彼らは男性として競争し成熟するためのプラットフォームを与えてくれたことに感謝しています。

7. 両親への手紙を作成する

親に対する手紙を書いて(あるいは契約書もともに)、全員に送ってください。これにより、問題が起きることを防げるだけでなく、親が不平を言ったときに参照できる強力なツールとなります。重要なことは、適切な内容を文書化して両親に与えることで、後にガイドラインとして参照できるものを送ることです。

優れた手紙のサンプルを以下に示します。

http://www.qcbaseball.com/tools/Parentletter1.aspx

8.バリューポイントシステムの実施

経験豊富で競争力のあるチーム(初期の青少年チームではない)にとって、親がプレイングタイムについて訴えるのを止める最善の方法の1つは、バリューポイントシステムを実装することです。これは単純なコーチングの戦術やドリルと組み合わせて使用されるシンプルな統計システムで、プレイヤーのパフォーマンスを向上させます。

プレイングタイムに対する懸念に終止符を撃てることから、このシステムはコーチの夢といえます。誰かがあなたの決定に同意しない場合は、単に選手の評価を提示してください。

選手は、なぜ自身がプレイングタイムを得られないのかを知っています。両親が自分の子どものプレイングタイムが気に入らない場合は、「あなたの息子がしなければならないのは、VPSのスコアを上げることだけです。そうすれば、私はプレイングタイムを与えるでしょう」というだけです。

システムの詳細については、次のリンクを参照してください。

https://www.breakthroughbasketball.com/pr/value-point-system.html

9.自身が置かれている立場を理解する

最初の練習を始める前に、あなたの学区と運動部の規則と方針を明確に理解しておいてください。学校の方針や行動の問題をどのように強制するのか、また自身のハンドブックに記載されている規則/手順のいずれかがこれらの規則と矛盾していないかを確かめてください。

親の苦情に対応しようとするなら、あなたは彼らからサポートを得る必要があります。親が直接学校などに抗議をするなら、あなたの管理者はそれらをすぐにあなたに知らせる必要もあります。

10.親に練習を見てもらう

これは問題を引き起こすように聞こえるかもしれませんが、実際そうではありません。親に興味を持ってもらい練習を見てもらうようにすると、あなたの練習方法、選手の行動、批評の仕方、あなたが誰をプレイさせて誰をさせないのかをどう決めているかを知ってもらうことができます。

最も重要なことは、親はあなたの哲学と戦術を「買い」始めるだろうということです。何度も練習を見ることで、親はあなたの哲学とコーチとしてのあなたを理解します。親はあなたを知り、あなたを理解し、あなたのプログラムについて学ぶ必要があります。練習を見てもらうことは、そのための素晴らしい方法です。

しかし、彼らに見てもらう際には、静かに見なければならないことを理解してもらってください。

11. システムを納得させる

あなたの最大のファンは誰でしょうか? あなたの選手です。彼らがあなたを信じて、あなたがしていることを信じているなら、選手は過度に熱心な両親からあなたを守るでしょう。だから、選手が自分のやり方を理解していることを確認してください。あなたのシステムを彼らに納得させてください。そうすれば、彼らは両親にそれを伝えるでしょう。

12.打たれ強くいること

20年以上の指導歴を誇る、www.donkelbickbasketball.comのドン・ケルビックコーチは、重要なことはコーチの法を定めることだと言います。

親が言いたいことを聞くことは重要ですが、あなたがやりたいことを貫くことも重要です。あなたはコーチです。 親があなたのやっていることを気に入らなければ、別の学校のシステムで、別のコーチのもとでプレイさせることができます。

13.家庭的な雰囲気を醸成する

多くのコーチは、試合中に家庭的な雰囲気を促進しようとします。そうすることで、多くの親はあなたに好感を持つ可能性があります。そのため、親に練習に来てもらい、試合中には座るための席を用意します。この余分な努力は、あなたが考えるよりもはるかに効果的かもしれません。

14.セカンドチームのプレイイングタイムを作る

全員がプレイングタイムを得ることができない場合でも、誰にでも試合に出る機会を見つける必要があります。バスケットボールのコーチとして、あなたはチームにその機会を与える責任を負っています。

5クォーターを作ってセカンドチームをプレイさせる、ほかのコーチに連絡してセカンドチームの試合を手配する、スクリメージを増やすなど方法はたくさんあります。

一部の子どもは機会と自信が必要です。多くの子どもが、遅い成長を遂げたことを知ればあなたは驚くことでしょう。

あなたがこうした子どもたちをプレイすることが決してないなら、あなたは彼らの機会を奪うことになります。彼らが練習で努力しているなら、彼らのための機会を見つける責任があります! すべてのプレイヤーに十分な経験をさせるための努力が、多くのコーチに欠けています。

15.親の連絡係をつくる

コーチ・コラン・ゴッドウィンは、親の連絡係を持つことが不可欠であると言います。 すべての親が練習の後に休暇期間のスケジュールを聞いてきたり、子どものプレイングタイムが十分でないと不平を言ってきたりします。

このため、1人の親、できれば多くのプレイングタイムを得ている子どもの親を、あなたの連絡係に割り当てる必要があります。両親からの連絡は、まず連絡係を通過する必要があります。彼または彼女は親からの連絡をフィルタリングし、重要なものをあなたに伝えます。

16. チームに貢献するためのヒントを親に提供する

両親にいくつかのヒントとガイドラインを提供するだけで、関係するすべての人の態度やモラルを向上させることができます。ほとんどすべての親はチームを本当に助けたいと考えていますが、通常どのように貢献するかを理解していません。それらを教育することによって、あなたのプログラムにプラスになるエネルギーを得ることができます。

17. 客席から離れる

コーチ・ゴッドウィンはまた、シーズン中は客席から離れることを勧めています。結局のところ、多くの両親は試合の前後にあなたと話したいと思うでしょう。しかし、あなたが本当に注意を払うべき場所はどこですか?

おそらく客席ではありません。あなたは親ではなく選手に集中する必要があります。あなたの選手の親を知りたいなら、オフシーズンが最適な時期です。

18.試合の日には会話しない

あなたは、プレイングタイムやその他の問題について、「試合の日」に両親が話すことを許さないというルールを確立する必要があります。これらの会話は別の日に予定されるべきです。試合の日は感情が高ぶるため、これらの問題は別の時間の方がはるかに効率的に処理することができます。

だから、緊急の場合を除き、試合の前後に両親と話をしないというルールを作ってください。そして、あなたの最初の親との会議でこのルールを持ち出し、ハンドブックに記載しておくことは賢明です。親に対しては、「子どもたちがより良い選手になるのを助けるためにそこにいる」ということを忘れないよう伝えてください。

19.プライベートミーティングを設定する

親があなたのもとに来て何かを言いたいのであれば、プライベートミーティングを設定してください。選手やほかの両親にとって、その場で議論をするのは良いことではありません。翌日にミーティングを設定すると、準備する時間も与えられます。

ミーティングの前には、彼らがなぜ怒っているのかを考えてください。彼らの子どものプレイングタイムか? ほかのプレイヤーとの競争か? 様々なシナリオを考え出すことで、その親の視点から物事を見ることができます。

また、ほかの誰か(アシスタントコーチやアスレチックディレクターなど)がミーティングに出席することは良い考えです。これは、親がより客観的になるのを助け、あなたに別の耳を提供するのに役立ちます。

20.怒りには穏やかに対応する

あなたがそれを防ぐために一生懸命働いていても、いつも怒っている人や熱心な人に対応することを余儀なくされます。それはコーチがすることの領域です。そのとき、あなたはどのように対応しますか?

まず、聞いてください。親に言いたいことを言わせ、途中で口を挟まないようにしてください。

そしてあなたが話すときは、あなたの視点をゆっくりとはっきりと説明してください。そして、彼らの子どもに焦点を当ててください。彼らの子どもとほかのプレイヤーとの比較はしないでください。

親が声を荒げ始めたら、自分の声のトーンに合うように促します。通常の音量で静かな声で話し続け、あなたのコメントをポジティブな状態で終わらせてください。

あなたは、実際に練習で何が起こっているかを見ることができるように、親に練習に来るように提案することができます。練習を見ていないのに、意見を言うことができるでしょうか。

ミーティングの最後には、親に感謝し、あなたがそれらを考慮するということを彼らに知らせてください。親が退いた後、あなたが考えを会議の同席者に尋ねてください。あなたがより良くやる方法があるか、間違えていないか? この率直なフィードバックを得ることは、将来、これらの困難な状況に対処するのに役立ちます。 

Coaches / Resources Contributing to this Report

以下のコーチやリソースのリストは、この記事のためのアイデアを提供してくれています。


出典:A Basketball Coaching Guide – How to Work with Parents the “Right Way” and Avoid Unpleasant Problemsbreakthroughbasketball.com

※本記事は出典元の許諾を得た上で、全文翻訳の形で掲載しております。

この記事の著者

Breakthrough Basketball
Breakthrough Basketball
JeffとJoeのHaefner兄弟が2006年に開始。バスケットボールコーチ向けの情報サイトやDVD、キャンプやアプリなどのコンテンツを開発。これまでに200万以上の訪問者、1万以上の記事を公開するなど、バスケットボールコーチへのサポートを提供している。