バスケットボール書籍紹介 その1

ゴールドスタンダード・ラボでは、コーチングにまつわる優れた書籍を紹介していきます。国内では、野球、サッカーに次ぐ「第三のスポーツ」を目指すバスケットボール界ですが、本屋の関連書籍陳列数でも野球とサッカーには及びません。

ですが、米国NCAA、NBA、国内トップリーグの名将や選手による名著も数多く存在します。是非、ご覧になってみて下さい。

バスケット書籍について、ご質問などがあればお気軽にお問合せ下さい。また、おすすめの書籍がありましたら教えて下さい!

・Excellence is the gradual result of always striving to do better
Pat Riley

【邦訳】
パット・ライリー『ザ・ウィナー』野沢博史訳、講談社、1997年

・Approach the game with no preset agendas and you’ll probably come
away surprised at your overall efforts
Phil Jackson

【邦訳】
フィル・ジャクソン他『シカゴ・ブルズ 勝利への意識改革』
中尾真子訳、PHP研究所、1997年。

・育てる技術-元祖プロ・コーチが教える
ジョン・ウッデン、弓場隆訳、ディスカヴァー・トゥエンティワン、2004年。

・成功をめざす人に知っておいてほしいこと
リック・ピティーノ、弓場隆訳、ディスカヴァー・トゥエンティワン、2010年。

 ・コーチKのバスケットボール勝利哲学
マイク・シャシェフスキー、島本和彦監修、佐良土茂樹訳、イースト・プレス、2011年。

この記事の著者

佐良土茂樹
佐良土茂樹上智大学哲学研究科特別研究員
1981年川崎市生まれ。現在、上智大学哲学研究科特別研究員(専門はギリシア哲学・倫理学)、日本バスケットボール学会理事。2005-07年には、上智大学男子バスケットボール部アシスタントコーチを務めた。

主な訳書
マイク・シャシェフスキー著『コーチKのバスケットボール勝利哲学』(イースト・プレス)
同著『ゴールドスタンダード 世界一のチームを作ったコーチKの哲学』(スタジオタッククリエイティブ)
アダム・フィリッピー著『バスケットボール シュート大全 プロスキルコーチが教える「シュート」のテクニック・ドリル・方法論』(同)
ジョルジオ・ガンドルフィ編『NBA バスケットボールコーチングプレイブック』(同)
フィル・ジャクソン著『イレブンリングス 勝利の神髄』(同)