インタビュー:三浦洋平(東海大学~富士通RedWolves)その7

三浦洋平その7

好評シリーズもついに最終章。東海大学を卒業し、実業団リーグと仕事とバスケットの両立に励む三浦選手の心境に迫ります。

前述のとおり、富士通バスケットボール部様は全国実業団選手権を控えており、鍛練中です。是非、温かいご声援を宜しくお願い致します。三浦さんにご協力頂き、東海大学のチームビルディングや、その中で主将として三浦さんがどのように考え、振る舞って来たのかをお話を伺うことが出来ました。

全国津々浦々、カテゴリーを問わず、様々な組織のチームワークやリーダーシップについて考える一助になれば幸いです。

現在、関東実業団の富士通でプレイされていますが、富士通のチームの目標と、ご自身の目標について教えて下さい。

富士通の目標は「アマチュア日本一」です。私個人の目標については、プレイになど細かく言ったらたくさんありますが、今は、とにかく勝たせることができる選手になることです。いろいろやってみていますが、なかなか上手くいっていないのが現状です。

実業団リーグという性質上、社業との両立が求められ、必然的に練習時間が減ります。その中で、上記の目標を達成する為に取り組んでいる事、さらに言えば、「工夫」(モチベーションの意地、少ない練習時間でコンディションを上げる方法、バスケットボールそのものへの理解や知識の追及など)している事があれば教えて下さい。

私たち実業団は、あくまで社業が一番です。職場にはたくさんご迷惑をおかけしていますが、なるべく練習に出れるように配慮していただいたり、直接応援に来て下さったりしてもらっています。その結果、富士通の観客動員数は、関東実業団で1位を誇っています。

実業団は職場の理解、ご支援がなければ活動ができません。だから、まずは「仕事を一生懸命やる。」これが一番大切であると思います。地方で試合があっても駆けつけてくれる社員の方やファンの方がいるということは、富士通バスケットボールにそれだけの魅力があり、何かしら伝えることができているのかなと思っています。

学生の頃に比べると練習量は格段と減ります。必然的に体力なども落ちていると思いますが、その分、学生の頃よりも考えてバスケットをするようになりました。ですから、私個人的には、学生時代とは違った楽しみを感じています。

コンディショニングについては、富士通アメフト部をよく診ている先生やアメフト選手にアドバイスをもらったりして、良いコンディションを保てるようにしています。これは、社会人ならではというか、富士通ならではのことだと思い、感謝しています。

学生時代は、他の競技は他の競技と思っていたので、あまり参考になることはないと思っていましたが、社会人になり競技は違っても共通することはあり、学ぶことはたくさんあると考えるようになりました。東海大学は強い部活がたくさんあるので、もっと他競技に興味を持っていろんなことを学んでおけばよかったと思います。

東海大学Seagullsは、日本全国に大きな期待と共にとてもファンの多いチームです。東海大学Seagullsの動向を気にされている方々へのメッセージと、富士通バスケ部の行方を気にかけている人へのメッセージを最後にお願い致します。

東海大学を応援してくださっているファンのもみなさん、いつもありがとうございます。OBとして本当に誇らしい限りです。東海の魅力は、プレイの質、強さはもちろんだと思いますが、一番の魅力は「人」だと思います。HC、スタッフ、選手、OB、関係者、一人ひとりが本当に素晴らしいと思います。その集まりが東海大学Seagullsです。

これから、もっと魅力的なチームになってもらって、もっと応援してくれる人が増えて、日本のバスケット界を変えるような存在になってほしいと願っています。ファンのみなさん、これからも東海大学の応援よろしくお願いいたします。

また、現在私は、東海大学を卒業して、富士通バスケットボール部で活動をしています。なかなか勝てず、苦しいことも多いですが、少しずつステップアップしています。観ている人に何か感じてもらえるように、頑張りますので、お時間ある方は、会場へ足を運んでいただけると幸いです。

(interview 2013.5 片岡秀一/UPSET)

三浦洋平
1990年宮崎県都城市出身。小林高校から東海大学に進学し、4年時には主将を務め、インカレ準優勝に貢献。得意とするシュートに加え、気迫溢れるディフェンスで「東海らしさ」を体現し、チームの柱としてチームを牽引。また、インカレ二回戦の明治大学では同点の状況下でブザービーターを沈めて劇的な勝利の立役者となった。 ユニバーシアード代表候補、李相伯盃日韓学生選抜大会では代表選手にも選出された。現在は、関東実業団一部リーグの富士通に所属し、社業とバスケットボールの両立に励んでいる。 http://www.redwolves.net/

インタビュー:三浦洋平(東海大学~富士通RedWolves)その1

この記事の著者

片岡 秀一
片岡 秀一ゴールドスタンダード・ラボ特別編集員
1982年生まれ。埼玉県草加市出身。株式会社アップセット勤務の傍ら、ゴールドスタンダード・ラボの編集員として活動。クリニックのレポート、記事の執筆・企画・編集を担当する。クリニックなどの企画運営も多く手掛け、EURO Basketball Academy coaching Clinicの事務局も務める。一般社団法人 Next Big Pivot アソシエイトとして、バスケを通して世界を知る!シリーズ 第1回セルビア共和国編では、コーディネーターとして企画運営に携わりモデレーターも務めた。 J SPORTSでB.LEAGUE記事も連載中。

宮城クラブ(埼玉県クラブ連盟所属)ではチーム運営と共に競技に励んでいたが、2016年夏頃に引退。HCに就任。これまで、埼玉県国体予選優勝、関東選抜クラブ選手権準優勝、関東クラブ選手権出場、BONESCUP優勝などの戦績があるが、全国クラブ選手権での優勝を目標に、奮闘中。