戦略・戦術エルトラック, セットオフェンス, バスケの家庭教師, ボールスクリーン・モーションオフェンス, モーションオフェンス, 森高大

先日に引き続きアメリカ、ウエストバージニア大学にてコーチング修行中の森コーチ(@ta__mori)より寄稿。今回は「ボールスクリーン・モーションオフェンス」を紹介します。これはその名の通り、連続するボールスクリーンの中でチャンスを作り ...

個人スキルキャッチアンドシュート, ミートシュート, 森高大

shoot-meet

今回はキャッチしてから素早くシュートを打つための、ミートの仕方についてです! 早速ですが、まずはこの動画をご覧ください。

これはウェストバージニア大がカンザス大をアップセットしたときのハイライトです。このゲームでは外からの ...

個人スキルキャッチ, ミート, 森高大

今回のテーマはタイトルの通り、「ミートでずらす」を再考することです。

「ミートでずらして攻めなさい」

自分が選手だったころ、1on1の指導を受けるときにはどのカテゴリーでも耳にタコができるほど聞かされてい ...

トレーニングコーディネーション, フィジカルリテラシー, 森高大

体の賢さ(フィジカルリテラシー)の重要性:森高大氏寄稿

先日の記事、ではLong-Term Athlete Developmentに基づいた7つの発達段階を紹介させていただきました。このモデルの中で特に大切にされているのがフィジカルリテラシー(Physical Literacy)という概念 ...

トレーニングゴールデンエイジ, スポーツの一貫指導, 森高大

子どもの発達に合わせた7段階の指導モデル:森高大氏寄稿
「一貫した指導」で選手を導きたい。日本でも、ここアメリカでもさらなる研究が望まれる分野です。実はアメリカでも、育成システムが充分に整っているとは言えません。その分、研究者たちが「どうすれば長期的に見て選手のパフォーマンスを向上させられるのか ...

コーチングエゴオリエンテーション, タスクオリエンテーション, モチベーション, 内発的モチベーション, 外発的動機づけ, 森高大

201401-motivation
今回はキッズ・ユース世代のコーチは「勝利」を目指すことをモチベーションに頑張らせるのか、それとも「成長する」ことをモチベーションにして頑張ることに注目するのかがテーマです。

コーチングERUTLUC, バスケの家庭教師, 森高大, 育成システム

アメリカとヨーロッパの育成システムの違いについて:森高大氏寄稿

謹賀新年。明けましておめでとうございます。本年もゴールドスタンダード・ラボを何卒よろしくお願いいたします。さて本年より、アメリカのウェストバージニア大学にてコーチング修行をされている、森 高大(もり たかひろ)氏が、当ラボに寄稿してい ...