今回の動画はポートランドの救世主、ダミアン・リラードです。クリス・ポール、コービー・ブライアント、ステフォン・カリーときて、次にリラードというのは異論がある方もいらっしゃるかと思いますが、今回ばかりは職権をフルに活用させていただきました。筆者の好みで選ばせていただきました。とは言っても、上記の3人に決して見劣りする選手ではありません。マイナーな大学から雑草魂でのし上がり、NBAの新人王を獲得、そして今やポートランド・トレイルブレイザーズのエースとして活躍しています。プレイスタイルはとても攻撃的なPG。ロングレンジもドライブも得意とするため、相手にとってはかなり厄介な存在でしょう。シュートもクイックでステップバックなどで間合いをとるのが非常にうまいです。そしてなんといっても、リラードタイムという名前がつくようになったほど、クラッチタイムでの勝負強さを持っています。それではリラードの真骨頂であるクラッチタイムでのプレーヤ多彩なオフェンスをお楽しみください。

-PR-
coachbase-bunner-338-pp1


この記事の著者

Gold Standard Lab
Gold Standard LabTwitter:@GoldStandardLabo
「スポーツコーチングを普及啓蒙し、日本国内におけるコーチングの『ゴールドスタンダード』を構築する」ことが使命。選手や指導者の方に役立つ情報を発信します。